FC2ブログ

青柳 臣一 ブログ(趣味系)

[Blender] 足のリグ (リバースフット)

「リバースフット」 で検索するとたくさん出てきます。
ただ、Softimage XSI や Maya ばかりだったので、Blender で作った例をあげときます。(まぁ、たいして変わりませんが)

LegRig_Fig1.png.jpg

名前が見にくいと思いますが、以下のようになっています。

  • UpperLeg … 上肢(太もも)。
  • LowerLeg … 下肢。UpperLeg の子。IK Solver が仕込んである。Chain Len は 2、Target は “ikLeg”、Pole Target は “poleLeg”。
  • Ankle … 足の甲部分。LowerLeg の子。Copy Rotation が仕込んである。Target は “AnkleAngle”。
  • Toe … つま先部分。Ankle の子。Copy Rotation が仕込んである。Target は “ctrlToe”。

以上が基本的な骨格部分です。
脚のメッシュを以上のボーンでスキニングすることになります。

以下は上記のボーンをコントロールするためのコントローラです。

  • ctrlLeg … 足全体のコントローラ。
  • ctrlToe … つま先の角度をコントロールするコントローラ。ctrlLeg の子(非接続)。
  • ctrlAnkle … 足の甲の角度をコントロールするコントローラ。ctrlLeg の子(非接続)。
  • AnkleAngle … ctrlAnkle の角度を Ankle に伝えるためのボーン。ctrlAnkle の子(非接続)。(ctrlAnkle が後ろ向きなので Ankle にあわせて前向きに直すためのボーン)
  • ikLeg … IK Solver のターゲットになるボーン。AnkleAngle の子(非接続)。
  • poleLeg … IK Solver のポールターゲットになるボーン。ctrlLeg の子(非接続)。

また、図ではずらして描いてますが、本当は ctrlLeg と ctrlToe、ctrAnkle は重なっています。そして、これらが AnkleAngle の先っぽのところにあります。

コントロールに使うのは ctrlLeg、ctrlToe、ctrlAnkle、そして、poleLeg だけです。

  • ctrlLeg … 脚の移動、回転。
  • ctrlToe … つま先の上下の向き。上下以外の回転と移動を禁止しておくと使いやすい。
  • ctrAnkle … 足の甲部分の上下の向き。上下以外の回転と移動を禁止しておくと使いやすい。
  • poleLeg … 膝の向き。ctrlLeg の子にしておけば ctrlLeg の向きを変えれば脚をひねることができる。つま先の向きを変えずに内股にしたりするときは poleLeg を移動する。ctrlLeg の子にするかどうかはお好みで。

あとは見やすく選択しやすいように Shape を作ったり、グループ分けして色をつけたりすれば OK です。
もちろん、コントローラの 4つ以外はボーンレイヤーを分けて普段は非表示にしておけば邪魔になりません。(なにより、間違って動かしちゃったりするのを防げます)

サンプルの blend ファイルを置いておきます。
http://cid-ca42d76a68f54d16.skydrive.live.com/self.aspx/Public/Blender/LegRig.blend
(Blender 2.49b)

つま先も動かせるようにした 「リバースフット改」 という感じのものですが、結構使いかってはいいんじゃないかと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shinichiaoyagi.blog25.fc2.com/tb.php/285-28d7ca61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)